Uターン就職で戻ってきた際の、引越し荷物の収納のためトランクルーム借りました。

地元を離れて遠隔地で就職、結婚しました。ところが、地元へ帰らなくてはいけない事情が出来て、なおかつ離婚までしてしまったためたくさんの荷物を抱えてUターンしなくてはならない状況に。

離婚前は家族所帯を抱えていたので、なるべくコンパクトに戻ってこようと思いましたが、リサイクルショップで山のように家財を処分しても、まだまだたくさんの荷物が残っていました。

そこで、とりあえずはトランクルーム大阪おすすめのトランクルームを借りて、余計な物だとはわかりつつも引越し荷物をとりあえず放り込み、自分は単身用のアパートを借りてコンパクトに再生活をスタートさせました。

レンタルルームを借りている数ヶ月の期間に、必要なものを友人に譲ったり、改めて整理したり、となんとか片づけをやり遂げることができ、助かりました。 離婚を経験すると、家族の分量から単身者の分量へと荷物を一気に小さくまとめる必要に迫られますが、新しい生活をファミリーサイズの住まいで再開するには負担が大きすぎるので、一旦余計な荷物をレンタルルームに預けて乗り切る、というのは意外に思いつかない裏ワザだと思います。

24時間自由に荷物を出し入れできるため、仕事終わりに片付けに行ったりと、効率よく処分することができたのも良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です